病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
診療科のトピックス
チーム医療の取り組み
研修会・講習会のご案内
診療実績・臨床指標・病院年報
調達情報
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
コンプライアンスのお知らせ
情報公開
バリアフリー情報

皮膚科

皮膚科の紹介

皮膚は特殊部分を除いて体表面すべてを被い、単に外界との遮断だけでなく生理学的、免疫学的に重要な臓器のひとつです。広い範囲を対象とするため様々な疾患が含まれ、内科的や外科的手技だけでなく、外用療法などの皮膚科独特な治療法を用いて診療にあたります。

診察は午前中のみです。再来は時間予約制になっており予約をお願いします。新患に予約は不要ですが、紹介患者を優先させていただきます。午後は手術(要予約)となっております。時間外の診察は直接皮膚科外来にお問い合わせ下さい。

外来診療では一般皮膚科学的治療、特殊治療、外科学的治療(小さな腫瘍切除術など)を行い、入院治療として、おもに急性皮膚疾患(蜂窩織炎、帯状疱疹など)、外科学的治療を行っています。さらに総合病院の皮膚科として、あらゆる全身性疾患に伴う皮膚の随伴症状について入院中、退院後のサポートを行っています。

対応可能な治療

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、アレルギー性皮膚疾
原因、増悪因子の検索から外用内服治療、スキンケア、生活指導を行い最適な対応を目指します。

乾癬、水疱症など皮膚科慢性疾患
患者さんそれぞれの病態、病勢に応じた適切かつ迅速な治療を行っています。

丹毒、帯状疱疹などの感染性皮膚疾患
原則的に入院治療の適応とし、他科との連携による合併症の防止と治療、全身状態の管理を行っています

皮膚悪性腫瘍、菌状息肉症
悪性腫瘍に対しては原則として外科的治療にて根治可能なもの、菌状息肉症については、BRM療法や光線療法で維持可能な症例に対して治療を行っています。また、種類、病勢や進行度に応じて必要であれば、大学病院への迅速な治療依頼をいたします

薬疹、熱傷
軽症から中等症までの局所治療と全身治療を行うほか、原因の検索、情報提供を積極的に行っています。

尋常性ざ瘡(にきび)
保険診療の他、サリチル酸マクロゴールを用いたケミカルピーリング(自費診療)を行っています。

陥入爪・巻き爪
爪の変形、くいこみによる痛みに対し超弾性ワイヤーによる矯正(自費診療)を行っています。

原発性局所多汗症
軽症例では外用治療、重度の腋窩(わき)多汗症についてはボツリヌス療法(保険適用)を行っています。

その他
ホクロや小腫瘍の切除、イボに対する液体窒素圧抵療法を外来で行っています。

医師の外来スケジュール

医師の外来スケジュールは、皮膚科外来担当医のページをご覧ください。

スタッフの紹介

医師名 廣正 佳奈
役職 医師
専門分野 皮膚アレルギー性疾患、皮膚科学全般
資格 日本皮膚科学会皮膚科専門医
出身校名 大阪医科大学(平成18年卒)
医師名 井上 明葉
役職 レジデント
出身校名 産業医科大学(平成25年卒)

皮膚科のトピックス

当院皮膚科科最近のトピックスです。以下の項目をクリックしてご覧ください。
原発性腋窩多汗症、尋常性痤瘡の新しい治療(2017年1月)
爪の疾患 陥入爪と巻き爪(2013年2月)
多汗症の治療(2012年2月)
PageTop