病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
ボランティアについて
診療科のトピックス
チーム医療の取り組み
研修会・講習会のご案内
診療実績・臨床指標・病院年報
医学倫理委員会
調達情報
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
コンプライアンスのお知らせ
情報公開
バリアフリー情報
バリアフリー情報

令和元年12月4日(水) 腫瘍セミナーのお知らせ

第27回JCHO九州病院腫瘍セミナー

演 題 :「がん患者の就労支援 ~医療者に求められること~」

講 師 :  福岡県社会保険労務士会 就労支援アドバイザー 奥谷紀子先生

日 時 : 令和元年 12月 4日 (水) 18:00 〜 19:00

場 所 : JCHO九州病院 別館4階 講堂

 地域がん登録全国推計による年齢別がん罹患者数データでは、がん患者の 約3人に1人は、20歳から64歳までの就労可能年齢で罹患しています。   また、早期診断やがん医療の進歩により、全がんの5年生存率は62%に達し、がん患者・経験者が長期生存し、働きながら治療を受けられる可能性が高まっています。しかし、現状では診断された方の約3割は仕事を辞めたり、場合によっては解雇されたりしています。
 このような背景を踏まえて第3期がん対策推進基本計画において医療機関・職場・地域で就労支援を進めていくことが位置づけられ、平成30年度診療報酬改定においても「治療と仕事の両立支援に関する診療報酬」が新設されました。さらに、がん診療連携拠点病院の整備指針では、産業保健総合センターや職業安定所などどの効果的な連携による提供が望ましいと具体的な記載も行われ、就労支援の充実が強く求められています。
 福岡県では平成29年度より社会保険労務士による就労支援事業が行われています。今回の腫瘍セミナーでは、具体的な支援内容や医療者が行う就労支援のポイントなどをご講演いただきます。

多数のご参加をお願い致します。
PageTop