病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
専攻医募集中
ボランティアについて
診療科のトピックス
チーム医療の取り組み
研修会・講習会のご案内
診療実績・臨床指標・病院年報
医学倫理委員会
調達情報
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
コンプライアンスのお知らせ
情報公開
バリアフリー情報
バリアフリー情報

外科 後期研修医指導方針等

外科 後期研修医指導方針等

基本的事項

  • 倫理に基づき、人間性を養い、かつ高度の外科的専門知識と技術の習得をめざす。
  • 卒後初期臨床研修に引き続き、各関連外科の共通の総論的知識と技術を習得する。
  • 外科的内容に重点をおいた救急医療研修を行う。
  • 外科のサブスペッシャルティに係る症例の手術法を習得する。
  • 経験必須症例および技術等の到達目標数を明確にする。
修練期間は3年間とする。

到達目標としては、外科学会外科専門医修練カリキュラムの到達目標1~5に準じて計画をたてる。

2008年度実績

外科手術症例 1277例
食道癌 31例
胃癌 136例
大腸癌 140例
乳癌 127例
肝癌 18例
膵・胆道がん 7例
呼吸器(肺がん) 157例(75例)
小児 119例


PageTop