病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
診療科のトピックス
チーム医療の取り組み
研修会・講習会のご案内
診療実績・臨床指標・病院年報
調達情報
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
コンプライアンスのお知らせ
情報公開
バリアフリー情報

小児外科

小児外科の紹介

小児外科部門では、主として15歳までのお子さまの外科治療を担当しています。小児外科とはいったいどの範囲の

病気を扱う科なのか、という質問をよく受けます。大人の一般外科の領域は現在、細分化され呼吸器・消化管・肝胆

膵・その他の腹腔内臓器や皮膚軟部組織などを扱うわけですが、これらの臓器の小児の外科的な病気を治療の対象と

するのが小児外科です。そのため、脳神経外科・眼科・耳鼻咽喉科・心臓血管外科・整形外科の病気は対象とはなり

ません。こどもはおとなに比べてからだが小さいばかりでなく,主要臓器が発育の途中にあり未完成かつ未成熟です

し、加えて先天的な奇形や胎生期遺残を伴っている場合があります。そのため、こどもの特質を熟知した上での手術

や治療が必要です。また、より専門的な外科系各部門・小児科とお子さまの間に立ち、小児の外科診療の窓口的な役

割も担っています。

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
192 166 194 186 193
122 64% 108 65% 121 62% 100 54% 115 60%
70 36% 58 35% 73 38% 86 46% 78 40%
新生児 24 13% 14 8% 12 6% 18 10% 15 8%
乳児 35 18% 32 19% 55 28% 40 22% 44 23%
幼児 59 31% 60 36% 75 39% 74 40% 74 38%
学童以上 33 17% 60 36% 52 27% 54 29% 60 31%
鏡視下手術 90 47% 77 46% 102 53% 96 52% 91 47%
過去6年間の小児外科手術例数


2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
鼠径ヘルニア 51 鼠径ヘルニア 58 鼠径ヘルニア 76 鼠径ヘルニア 74 鼠径ヘルニア 66
停留精巣 17 尿膜管遺残 13 尿膜管遺残 17 停留精巣 17 虫垂炎 29
虫垂炎 15 停留精巣 10 停留精巣 14 尿膜管遺残 16 尿膜管遺残 16
尿膜管遺残 12 臍ヘルニア 9 臍ヘルニア 13 虫垂炎 14 停留精巣 12
良性腫瘍摘出 8 胃瘻造設 7 虫垂炎 12 臍ヘルニア 9 臍ヘルニア 9
臍ヘルニア 7 漏斗胸 6 漏斗胸 10 鎖肛 9 イレウス 7
先天性腸閉鎖 6 先天性腸閉鎖 4 食道閉鎖 6 漏斗胸 4 食道閉鎖 5
その他 76 その他 59 その他 46 その他 43 その他 49
192 166 194 186 193
診療実績
過去6年間の手術例数、手術内訳を表に示します。小生赴任初年は年間129例でしたが、昨年度は194例と約50%近

く増加しています。

積極的に胸腔鏡・腹腔鏡による低侵襲治療を取り入れ、胸腔鏡併用の食道閉鎖症手術・漏斗胸に対するNuss手術、腹

腔鏡を用いた噴門形成術(Nissen法)、鼠径ヘルニアに対するLPEC(腹腔鏡下経皮的腹膜外ヘルニア閉鎖術)、腹腔

鏡下の胆摘・脾摘等の豊富な治療経験を有し、また当院NICU(新生児特定集中治療室)・PICU(新生児小児集中治療

室)と密に連携し、重症の新生児・超未熟児のお子さまに対する緊急手術・術後管理にも対応しているのが大きな特

徴です。

近隣医療機関の先生方へ 緊急の際は、まず当院小児科に御紹介いただき診察・検査などが終了した段階で、当科で

診察致します。診察は出来るだけ地域連携室を通して診察を御予約いただければ、学会等で不在の場合に患者様に御

迷惑をかけることがなく幸いです。夜間・休日につきましては、小児科医が連日当直しておりますので、小児科医を

通じて御紹介を宜しくお願い致します。

syounigekasyujyutugazou1

 

syounigekasyujyutugazou2

 

(文責:上村哲郎)

医師の外来スケジュール

医師の外来スケジュールは、外科外来担当医のページをご覧ください。

スタッフの紹介

上村哲郎 医師名 上村 哲郎
役職 副院長
診療部長
専門分野 小児外科、一般外科
資格 日本外科学会専門医
出身校名 九州大学(昭和62年卒)
医師名 古野 渉
役職 医師
資格
出身校名 九州大学(平成24年卒)
医師名 青山 諒平
役職 レジデント
資格
出身校名 京都府立医科大学(平成26年卒)
 
PageTop