病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
【重要】面会禁止のお知らせ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
ボランティアについて
診療科のトピックス
チーム医療の取り組み
研修会・講習会のご案内
診療実績・臨床指標・病院年報
医学倫理委員会
調達情報
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
コンプライアンスのお知らせ
情報公開
バリアフリー情報
育成プログラム
小児科_PICKUP

心臓リハビリテーション科

診療科紹介

入院中は循環動態の悪化や不整脈の出現に注意しながら早期離床と身体機能の回復を目的とした運動療法を実施しています。退院後は、日常生活能力の回復に加え、QOL(生活の質)の向上、さらには疾病の再発・増悪防止を目的に、有酸素運動、筋力トレーニングを中心とした運動療法と栄養指導・服薬指導・生活指導・心理カウンセリングからなる包括的な疾病管理プログラムを提供しています。プログラムの運営には医師だけでなく、専門的な教育を受けた看護師、理学療法士、臨床検査技師、管理栄養士、薬剤師、臨床心理士などの多職種の医療従事者が参加し、カンファレンスにより情報の共有化を図りながら、質の高いチーム医療を提供しています。有酸素運動を行う機器として自転車エルゴメーターを3種類揃え、患者さんの体力に合わせて選定し実施しています。また1周60mのウォーキング専用のトラックを備えています。運動中は心電図モニターを装着し、心拍数をリアルタイムに確認できる専用のテレビ画面を用いています。

対応可能な治療

急性心筋梗塞、狭心症、開心術後、慢性心不全、大血管疾患、末梢動脈閉塞性疾患、経カテーテル大動脈弁置換術後の心臓リハビリテーション

診療実績

2021年1月~12月までの心大血管リハビリテーション処方件数は799件(前年728件)で、内訳は循環器内科592件(前年548件)、心臓外科181件(前年180件)でした。実施延べ件数は8229件(前年7527件)で、内訳は入院患者7552件(前年6842件)、外来患者677件(前年685件)でした。
内科患者を疾患別にみると、心筋梗塞135件、狭心症19件、心不全381件、大動脈疾患24件、末梢動脈疾患6件でした。全体の平均年齢は72歳で85歳以上の超高齢者は30%(前年30%)、そのうち心不全患者は78%を占めています。

診療科の特徴

近年心臓疾患患者は80歳以上の高齢者が著明に増加してきており、日常生活はなんとか行えるが筋力や心身の活力が低下した状態に陥るフレイル(虚弱)の方が多数存在します。心臓リハビリテーションではこのフレイルの改善を目標とし、筋力強化を中心とした運動メニューや生活指導で改善を図っています。また、高齢者増加とともに認知症も増加します。認知症になる前の段階として軽度認知障害(MCI)があります。この段階では生活習慣を見直すことで認知症へと進行することを予防できると言われています。リハビリテーション開始時にはスクリーニング検査を行い、評価・指導を行っています。
PageTop