病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
ボランティアについて
診療科のトピックス
チーム医療の取り組み
研修会・講習会のご案内
診療実績・臨床指標・病院年報
医学倫理委員会
調達情報
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
コンプライアンスのお知らせ
情報公開
バリアフリー情報
バリアフリー情報

消化器外科

診療の特徴や詳細情報はこちら
 

消化器外科の紹介

当院の外科では2018年に消化器外科では腹部の臓器に関する手術を約530例(下表)と、腹部の腸閉塞、消化管穿孔、腹膜炎、虫垂炎などの救急疾患に対応しています。

当院では胃癌や大腸癌に対する腹腔鏡手術を2006年から積極的に導入開始し、2010年以降は肝臓癌、2016年以降は膵臓癌へも適応を広げており、多くの手術症例数と安定した成績を残しています。

20190510_syoukakigeka_01

 
腹腔鏡手術は手術を受けられる患者さんにとって、低侵襲なこと(体への負担が少ない)が利点となります。痛みの軽減、術後早期の離床、胃・腸の消化管運動が早く回復する、免疫力の低下が少ない等の利点が挙げられています。また、ハイビジョンシステムを使用する高精細画像での手術操作により精密な手術操作が可能になり、出血量が減るなどの手術手技上の利点もあります。一方で手術の難易度は高く、鏡視下手術に習熟した外科医のチームが、安全な手術の進行には不可欠となります。そのため、上部消化管・下部消化管・肝胆膵の3つのグループで専門のスタッフがそれぞれの領域を診療し、患者さんの治療や手術が円滑かつ低侵襲に実行されるように努めています。 
 
上部消化管グループ: チーフ 難波江 俊永(なばえ としなが) (新患外来 水曜日)
 上部消化管外科の詳細情報は、上部消化管外科のページをご覧ください。
下部消化管グループ: チーフ 許斐 裕之(このみ ひろゆき) (新患外来 木曜日)
 下部消化管外科の詳細情報は、下部消化管外科のページをご覧ください。
肝・胆・膵グループ: チーフ 川本 雅彦(かわもと まさひこ) (新患外来 火曜日)
 肝・胆・膵外科の詳細情報は、肝・胆・膵外科のページをご覧ください。
各疾患とも曜日に関係なくお急ぎの新患患者さんについては受付を行っておりますので、医療連携室または外科外来にお問合わせください。

医師の外来スケジュール

医師の外来スケジュールは、外科外来担当医のページをご覧ください。

スタッフの紹介

消化器外科のスタッフの紹介は、外科のページをご覧ください。

消化器外科のトピックス

虫垂癌について(2017年12月)

新任スタッフのご紹介(2016年7月)

消化器外科領域最近の話題と当科の動向(2015年7月)
PageTop