病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
診療科のトピックス
チーム医療の取り組み
研修会・講習会のご案内
診療実績・臨床指標・病院年報
調達情報
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
コンプライアンスのお知らせ
情報公開
バリアフリー情報

産婦人科

産婦人科の紹介

産婦人科医不足による産婦人科診療施設の減少のなかで、北九州市では地域の医院、クリニックや病院とが役割を分担して密接に連携をとり,より良い医療を効率的に提供するシステムを構築しています。当科は、高度で,専門的な産婦人科医療を遂行する地域支援型病院の責務を担っています。

当科の診療の柱は、1)婦人科腫瘍(特に悪性腫瘍)の治療 2)周産期医療 3)産婦人科救急医療です。
1)病院が癌診療拠点病院に指定され、婦人科もその一翼を担っています。子宮癌,卵巣癌などの診断から治療までを専門的に行います。手術療法,放射線治療(治療専門医が治療します),および化学療法を中心に集学的な治療を行っています。もちろん,良性腫瘍の手術(鏡視下手術を含む)やホルモン療法治も行います。
2)地域周産期センターの指定を受け、ハイリスク妊娠の管理を中心に診療しています。特に,NICU(新生児集中治療室),麻酔科、小児外科、および心臓外科と連携し,胎児疾患の診療を行っています。最近、先天性心疾患を有する胎児症例が急増し、他地域の大学病院や総合周産期センターからの紹介も増えています。
3)当直体制を堅持しており、24時間体制で救急対応しています。紹介の救急患者はできるだけすべて受け入れできるよう目指していますが、ベッド不足や、急患対応中などでご迷惑をおかけしています。産業医科大学産婦人科と連携をとりながら、対応しています。
平成29年度の産婦人科の陣容は、部長1名、医長2名、医師5名、およびレジデント(産婦人科専攻医)1名の総勢9名です。当科での診療は、チーム医療を基本としています。入院患者さんの診療方針はすべて、カンファレンスに諮って決定されます。そのために、外来患者の入院前カンファレンスや入院患者カンファレンスを毎週行っています。また、入院患者さんに関しては、川上医長、河野医師をチーフとする2チームにそれぞれ担当医となる医師,レジデントを配属して診療を行っています。各チームはチーフのもとで毎日回診、症例検討を行っています。この制度は、診療の質の向上だけでなく、レジデントや初期研修医の教育の面で実をあげています。

対応可能な治療

1.婦人科疾患の診断、治療

検査
超音波断層法、ドプラー法、CT診断, MRI診断、コルポスコープ、細胞診、病理組織診断(術中迅速診断を含む)、腫瘍マーカー,子宮卵管造影など。

治療
  • 良性腫瘍の開腹手術、、子宮頸部円錐切除術やレーザー蒸散術
  • 腹腔鏡下手術(良性卵巣腫瘍、子宮外妊娠、子宮筋腫)、子宮鏡下手術(内膜ポリープ、粘膜下筋腫)
  • 悪性腫瘍手術―子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌など
  • 子宮頸癌に対する放射線治療(外照射、腔内照射――放射線治療専門医が治療します)、化学療法併用放射線治療
  • 化学療法―各癌に対する多剤併用治療
  • 子宮脱に対する膣式手術、コンジローマに対する冷凍療法 ,レーザー療法
  • 子宮筋腫や子宮内膜症に対する各種ホルモン療法など

2.周産期医療

検査
超音波断層法やドプラー法を駆使した胎児診断(特に先天性心疾患)、胎児MRI検査、羊水染色体検査、など

管理、治療
  • 妊娠高血圧症をはじめとする妊娠特有の重症合併妊娠の管理。
  • 心臓や腎臓疾患、糖尿病などの偶発合併症妊娠の管理。
  • 多胎妊娠の管理、発育異常や先天性疾患を有する胎児の周産期管理。
  • 胎児不整脈に対する経母体的薬物投与による治療、胎児腔水症に対する胎児穿刺治療。
  • 早産の周産期管理(当院NICUは妊娠22週以降のすべての早産児に対応できます)。
  • 常位胎盤早期剥離など緊急帝王切開は30分以内に可能です。

3.その他

子宮卵管造影法などの不妊検査、不育症の諸検査と治療。
ヘルペスをはじめとするSTD(性感染症)の診断と治療など。
【平成28年度診療実績】
1)周産期統計
総分娩件数 382例――単胎348例、双胎24例,品胎1例――
分娩様式:経膣分娩 204例、 帝王切開 178例
母体合併症数 202例
母体搬送受け入れ数 62例
総出産児数 406例――胎児異常症例38例、極低出生体重児38例――
2)婦人科手術
総手術件数 512件――悪性疾患59件、良性および前癌病変516件――
(1)悪性疾患の手術
子宮癌手術     27件
卵巣癌手術     17件
(2)良性および前癌病変の手術
腹式単純子宮全摘術   145件
筋腫核出術       11件
開腹卵巣手術      62件
腹腔鏡下手術       142件
子宮内膜掻爬      46件
レーザー蒸散術     27件
円錐切除術       62件
子宮鏡下手術      32件

産婦人科を受診される皆様へ

当院は地域支援病院をめざし、地域の病院、医院、クリニックと密接に連携を取り、地域一体となって産婦人科診療を行っております。

全国的な産婦人科医師の減少の為、市内で分娩できる綜合病院が減り、効率的な産婦人科診療を求められています。そこで当院は北九州市の中で、産婦人科入院の専門診療と救急に力を注ぐことになりました。“市政だより”でも、また北九州市のホームページでもご案内していますが、外来新患受診には予約と紹介状が必要です。新患受診される方は、まずあらかじめおかかりになっている病院、医院、クリニックの先生に産婦人科の受診予約をとっていただいて、受診時には紹介状を持参してください。これまでに産婦人科受診の無かった方も、是非一度近くの産婦人科を受診され、その先生のご判断で受診が必要であれば、紹介状を書いていただいて、事前に当院の診療連携室で診療予約を取ってください。

再来受診される方で半年以上受診されていない場合は新患扱いとなることがあります。産婦人科外来におたずねください。なお、救急急患は随時受け付けております。受付係りにお申し出ください。

 

医師の外来スケジュール

医師の外来スケジュールは、産婦人科外来担当医のページをご覧ください。

スタッフの紹介

2013nakahara.jpg 医師名 中原 博正
役職 診療部長
周産期母子医療センター長
専門分野 周産期医療、超音波診断
資格 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本周産期学会暫定指導医
母体保護法指定医
出身校名 九州大学(昭和 55年卒)
1603eto 医師名 衛藤 貴子
役職 医長
専門分野
資格 日本産婦人科学会産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・暫定指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・教育研修指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
出身校名 九州大学(平成2年卒)
医師名 川上 剛史
役職 医長
専門分野 周産期医療、超音波診断
資格 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
日本周産期新生児医学会母体胎児専門医
母体保護法指定医
出身校名 福岡大学(平成11年卒)
医師名 河野 善明
役職 医師
専門分野 婦人科悪性腫瘍
資格 日本産婦人科学会産婦人科専門医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
出身校名 九州大学(平成10年卒)
医師名 西村 和泉
役職 医師
専門分野  婦人科一般、婦人科腫瘍病理
資格 日本産婦人科学会産婦人科専門医
出身校名 九州大学(平成13年卒)
医師名 愛甲 悠希代
役職 医師
専門分野 周産期医療
資格 日本産婦人科学会産婦人科専門医
日本周産期新生児医学会母体胎児専門医
出身校名 産業医科大学(平成17年卒)
医師名 桑原 正裕
役職 医師
資格 日本産婦人科学会産婦人科専門医
出身校名 福岡大学(平成19年卒)
医師名 尾崎 美華
役職 医師
専門分野 周産期医療
資格 日本産婦人科学会産婦人科専門医
新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース
ALSO JAPANプロバイダー
出身校名 鹿児島大学(平成20年卒)
医師名 村上 孟司
役職 医師
専門分野 産婦人科一般
資格
出身校名 自治医科大学(平成20年卒)

産婦人科のトピックス

当院産婦人科最近のトピックスです。以下の項目をクリックしてご覧ください。
子宮体がんのミニトピックス(2017年7月)
産婦人科診療の現状と将来への展望(2016年6月)
子宮体癌について(2016年1月)
子宮頸がんについて(2014年1月)
進行子宮体癌に対する術前化学療法(NAC)の試み(2013年3月)
最近の出生前診断・胎児診断(2012年3月)
PageTop