病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
診療科のトピックス
チーム医療の取り組み
研修会・講習会のご案内
診療実績・臨床指標・病院年報
調達情報
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
コンプライアンスのお知らせ
情報公開
バリアフリー情報

眼科

眼科の紹介

眼科では、検査・診断・治療に最先端の医療機器を使用し、内眼疾患はもちろん、外眼疾患を含めた眼科領域全般の眼疾患に対し、最新の診療を行っています。また、近隣の眼科開業医の先生方との連携がスムーズに行われており、手術あるいは特別な検査や治療が必要な際に、患者さんに当科を受診していただき、症状が安定すればご紹介いただきました先生方に、その後の経過観察をお願いするという病診連携システムが確立されています。

対応可能な治療

  • 網膜硝子体疾患
    糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、裂孔原性網膜剥離、増殖硝子体網膜症、黄斑疾患(黄斑円孔、黄斑上膜、硝子体黄斑牽引症候群など)、眼外傷(穿孔性眼外傷など)の網膜硝子体疾患のなかで手術治療の対象となるものに対し、硝子体手術、網膜復位術(強膜内陥術)を積極的に行っています。最近の硝子体手術は、より小さな手術創から行う術式に移行しています。当院でも新しい硝子体手術のシステムを導入しています。このため適応疾患は拡大し手術件数は増加しています。
    また、最近学会で話題になっている黄斑浮腫の治療には、外来手術室を使い清潔環境下で抗VEGF薬の硝子体注射や、ステロイド注射、硝子体手術などを行っています。
  • 緑内障
    点眼治療により十分な眼圧下降が得られない例や視野障害進行例には、緑内障手術(線維柱帯切除術、線維柱帯切開術、隅角癒着解離術など)を行っています。また、特殊なYAGレーザーを使った選択的隅角形成術も行っています。
    当院の治療目標眼圧の設定はかなり厳しく設定しています。ろ過手術では術後点眼は基本的に全て無しの状態を目指しています。
  • 加齢黄斑変性
    病変部の評価のために、HRAⅡという最新機器を日本で最初に導入し、平成17年3月から光線力学的療法(Photo Dynamic Therapy: PDT)と呼ばれる新しい治療を開始しています。現在、北九州市内の約100の眼科診療施設で病診連携の取り組みをしています。 診療マニュアルとパスシートをアップしています。ご自由にダウンロードしてください。
    北九州AMD地域医療連携手帳 表紙    ダウンロードは  こちら
    北九州AMD地域医療連携マニュアル    ダウンロードは  こちら
    北九州AMD地域医療連携パスシート    ダウンロードは  こちら
  • 白内障
    超音波水晶体乳化吸引術と眼内レンズ挿入術を主に行っています。
  • ぶどう膜炎
    採血・胸写・CT・MRIなどの全身検査、あるいは採取した前房水のウイルス検査が可能です。ステロイドに抵抗する難治性ぶどう膜炎に対しては、硝子体手術(硝子体生検)を行い、適切な診断と治療を行っています。
    最新の治療である生物学的製剤(レミケード・ヒュミラー)の投与にも取り組んでいます。
  • 外眼部疾患・眼腫瘍
    内反症、翼状片、結膜弛緩症、眼瞼下垂などに対する手術に加え、専門医の少ない眼瞼・眼窩腫瘍の分野に対しては、九州大学から専門医を招いて診断・治療を行っています。鼻涙管閉塞に対しては、シリコンチューブ挿入術を行い、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣に対しては、ボトックス治療を行っています。
  • 未熟児・斜視
    進行した未熟児網膜症に対し、アルゴンレーザーによる光凝固治療を行っています。また、内斜視あるいは外斜視に対し、斜視手術を行っています。

医師の外来スケジュール

医師の外来スケジュールは、眼科外来担当医のページをご覧下さい。

スタッフの紹介

fujisawa k.jpg 医師名 藤澤 公彦
役職 診療部長
専門分野 緑内障、網膜硝子体、加齢黄斑変性症
資格 日本眼科学会専門医
PDT認定医
ボトックス治療資格
出身校名 九州大学(昭和61年卒)
医師名 武田 憲治
役職
医師
専門分野 糖尿病網膜症、白内障
資格 日本眼科学会専門医
出身校名
高知大学(平成9年卒)
医師名 能美 典正
役職 医師
出身校名 山口大学(平成17年卒)
医師名 海津 美穂
役職
医師
出身校名 佐賀大学(平成22年卒)
医師名 芳賀 聡
役職
医師
出身校名 山口大学(平成24年卒)
医師名 山名 智志
役職 レジデント
出身校名 大分大学(平成26年卒)
医師名 清水 瑞己
役職 レジデント
出身校名 佐賀大学(平成26年卒)

眼科のトピックス

当院眼科最近のトピックスです。以下の項目をクリックしてご覧ください。

最近の硝子体手術について(2015年10月)

緑内障の手術について(2012年12月)

角膜パーツ移植(2012年2月)
PageTop