病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
診療科のトピックス
チーム医療の取り組み
研修会・講習会のご案内
診療実績・臨床指標・病院年報
調達情報
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
コンプライアンスのお知らせ
情報公開
バリアフリー情報

血液・腫瘍内科

診療の特徴や詳細情報はこちら

血液・腫瘍内科の紹介

血液分野

血液の細胞は骨髄の造血幹細胞から産生されます。骨髄の未熟な細胞ががん化すると白血病になり、リンパ球ががん化すると悪性リンパ腫となります。こうした血液の病気については正確な診断が不可欠です。貧血や血小板減少、白血球増多などの場合に骨髄穿刺や骨髄生検を行います。リンパ腫が疑われる場合は、必ずリンパ節生検もしくは各病変の生検を行います。急性白血病に対しては、長期寛解をめざして、クリーンルームでの寛解導入療法や造血幹細胞移植を行います。悪性リンパ腫や多発性骨髄腫に対しては、分子標的薬を組み合わせた化学療法を行います。慢性骨髄性白血病では、分子標的薬の内服治療を外来で行ってゆきます。血球数の減少をきたす良性疾患としては、特発性血小板減少性紫斑病,自己免疫性溶血性貧血,再生不良性貧血などがあり、免疫抑制療法が効果的です。また、この分野にも新規の分子標的薬が開発されています。血液疾患の分野では、いまだに難治性の疾患が少なくありません。さらなる治療成績の向上をめざしてスタッフ一同、尽力いたします。

腫瘍分野

腫瘍内科では、がんの薬物療法(抗がん剤治療)を中心に担当しています。頻度の高い順に、「大腸がん」「胃がん」「食道がん」「胆道がん」「膵がん」「乳がん」などの薬物療法を行っています。比較的患者さんの数が少ないとされる「原発不明がん」「小腸がん」「肛門がん」「軟部肉腫」「性腺外胚細胞腫瘍」などの治療も対応可能です。日本または世界で推奨されている最善の抗がん剤治療を実践しています。副作用を軽減する支持療法や、がんによる苦痛を取り除く緩和治療も同時に提供しています。治療を受けられる皆さんの「サポート役」として、それぞれの患者さんにとっての「最善の治療」を目指します。

 医師の外来スケジュール

医師の外来スケジュールは、血液・腫瘍内科外来担当医のページをご覧ください。

スタッフの紹介

muta1504 医師名 牟田 毅
役職 医長
専門分野 血液内科学、化学療法、造血幹細胞移植術
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会専門医・指導医
日本造血細胞移植学会専門医
日本臨床腫瘍学会専門医・指導医
日本輸血細胞療法学会認定医
日本がん治療認定医機構認定医
出身校名 九州大学(平成5年卒)
1506ogawa 医師名 小川 亮介
役職 医長
専門分野 血液内科学、化学療法、造血幹細胞移植術
資格 総合内科専門医・指導医
緩和ケア研修会指導者研修終了
日本内科学会認定医
日本血液学会専門医
日本造血細胞移植学会認定医
がん治療認定医
日本医師会認定産業医
日本医師会認定産業医
日本骨髄バンク調整医師
ICD
学会認定自己血輸血責任医師
日本骨髄腫患者の会顧問医師
出身校名 産業医科大学(昭和63年卒)
医師名 青木 健一
役職 医師
専門分野 血液内科学、化学療法、造血幹細胞移植術
資格 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本血液学会専門医
日本造血細胞移植学会認定医
がん薬物療法専門医・指導医
がん治療認定医
日本骨髄バンク調整医師
輸血・細胞学会治療認定医
出身校名 佐賀医科大学(平成8年卒)
医師名 牧山 明資
役職 医師
専門分野 臨床腫瘍学、化学療法
資格 日本臨床腫瘍学会専門医・指導医・協議員
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医機構認定医
日本内科学会認定内科医
出身校名 長崎大学(平成14年卒)
医師名 平野 元
役職 医師
専門分野 臨床腫瘍学、化学療法
資格 日本内科学会認定医
日本臨床腫瘍学会専門医
がん薬物療法専門医
出身校名 佐賀医科大学(平成15年卒)
医師名 河野 健太郎
役職 医師
専門分野 血液内科、造血細胞移植
資格 日本内科学会総合内科専門医
日本血液学会専門医
日本造血細胞移植学会認定医
出身校名 九州大学(平成15年卒)
医師名 山戸 和貴
役職 医師
専門分野 血液内科
資格 日本内科学会認定内科医
薬剤師免許修得
出身校名 弘前大学(平成24年卒)
医師名 山家 覚
役職 レジデント
出身校名 九州大学(平成27年卒)
PageTop