病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
専攻医募集中
ボランティアについて
診療科のトピックス
チーム医療の取り組み
研修会・講習会のご案内
診療実績・臨床指標・病院年報
医学倫理委員会
調達情報
リンク
病院広報誌
よくあるご質問
個人情報保護方針
コンプライアンスのお知らせ
情報公開
バリアフリー情報
バリアフリー情報

麻酔科 後期臨床研修プログラム

後期臨床研修プログラム 周術期管理・麻酔科コース

研修プログラムのコンセプト

急性期医療の要の一つは手術医療である。質の高い手術医療には、優れた術者が重要であることは異論ないところだが、術前・術中・術後の内科的管理に携わるスタッフの知識・技術も欠かせない要素である。急性期医療を目指す病院では、周術期管理に長けた医師が求められる。九州病院の後期研修プログラム”周術期管理・麻酔科コース”では5年間の研修期間に、周術期医療での内科的管理に焦点をあてた研修を行う。

到達目標

(短期、中期、最終)短期到達目標は2年間の麻酔症例約700例を経験し、基本的な循環・呼吸管理を学ぶ。中期以後は希望する診療科での研修によって、画像診断、感染症管理、集中治療、栄養管理などを学ぶ。最終的には希望する診療科での専門医を目指す。

取得できる認定医資格など

厚労省認定 麻酔科標榜医:麻酔指導医の下で2年以上、あるいはガス麻酔器を使用して300例以上の麻酔経験で認定される。日本麻酔科学会認定 麻酔専門医:麻酔科標榜医であり、3年以上日本麻酔学会会員であるものが5年以上麻酔の臨床に専従し、かつかたよらない麻酔に従事していることで得られる資格。日本心臓血管麻酔学会認定 周術期経食道心エコー認定試験:日本心臓血管麻酔学会認定の経食道心エコーセミナー受講などを経て受験資格を得る。

研修計画、研修期間など

ストレート、ローテートなどの別:原則は2年間麻酔科研修の後、ローテートして研修であるが、各科との連携で自由に計画を立てる。

研修期間:原則5年間
研修関連機関:京都大学麻酔科大学院、広島大学救急部、埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センター

研修プログラムの例:
2年間当院麻酔科→1年間循環器内科→1年間小児循環器科→1年間呼吸器内科(他院)2年間当院麻酔科→2年間京都大学麻酔科大学院→大学院入学
2年間当院麻酔科→麻酔科標榜医→3年間麻酔科で専門医試験合格

経験すべき症例とその数:麻酔科標榜医のためガス麻酔器を使用して300例以上の麻酔を基本とする習得すべき手技など:日本麻酔科学会の教育ガイドラインに準拠した知識・技術の習得を目指す。

指導体制など
研修責任者:茅島 顕治
指導医・専門医:茅島 顕治
専門医:神代正臣、芳野博臣、池﨑 晃
認定医:山本克己、片岡 和史
周術期経食道心エコー認定医:茅島 顕治、芳野博臣



PageTop